出産内祝いの贈り方は

出産内祝いには基本となる贈り方を守ることがマナーとなりますから、こうした点を理解してトラブルが起きないようにしましょう。 当サイトでは贈り方の基本について述べつつ、出産祝いに向いた道具と購入先に関してもご紹介します。 出産祝いは基本的に生後1週間を過ぎてから1ヶ月くらいまでがベストだと言えます。 また出産祝いを贈る際には事前に相手側に連絡を入れて状態を伺ってからにした方が良いです。 相手側が出産祝いを受け取れる状態ではない時に贈るのは負担となりますので、何時でも連絡を入れられるよう電話番号をチェックしておきます。

出産祝いとなる道具の相場は特に決められておらず、一般的には相手との関係で決まると言えます。 親しい友人を相手に贈る際には5000円から10000円が通常となっており、会社の同僚などは5000円程度が平均額なのです。 親戚や親族といった方々に対して出産祝いを贈る時は10000円から30000円が目安ですから、事前にお金を用意して何時でも購入出来るようにして下さい。

出産祝いを袋に入れる際には紅白の蝶結びの水引を使うようにし、それと同時にのし紙も使用して表書きにご出産祝いと書いて贈ります。 この際に4や9といった数字を使うのはタブーですので、こうしたものを書き込まないよう意識しなくてはいけません。 その他にも地域によっては独特のルールが設けられている所もありますから、事前に情報収集を行うのが良いです。 出産祝いに関してはお店側のスタッフがアドバイスしているので、自分一人で決められない時は問い合わせて解決します。

[PICK UP]
出産内祝いのギフトにぴったりな日本の銘米通販サイトです・・・出産内祝い ギフト

 

Copyright © 2014 出産内祝いの贈り方 All Rights Reserved.